テーマ:読書

【大奥】原作読んでみたかったんだ~♪

【携帯より】インターネットカフェで、映画 「 大奥 」 の原作を読んできました。読んでみたかったんだ~♪こんなことなけりゃネットカフェ行かないし♪ 映画 「 大奥 」 の記事はこちら。 通されたのは寝られるぐらい広いお座敷?笑 みたいなスペース。 喫煙可のスペースから一番とおいのは、この贅沢スペースらしい。 でも、ネ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【小説】剣客商売1(★★★★★)

藤田まこと主演のTVドラマ版は、ほんとうに原作に忠実に作ってあったんだなぁ~って思います。おしんの小林綾子もナイスキャスティングですね、ピッタリ♪藤田まことは、ヒット作の仕事人シリーズよりも、こっちの方がいいかも。 剣客商売 第5シリーズ 第1巻 [DVD]松竹ホームビデオ 2006-04-27 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【マンガ】テルマエ・ロマエ第2巻(★★★★☆)

【携帯より】大人気らしいです。本屋で完売続出、私が買ったこの本も、ようやく最後の1冊でした。平たい顔族と失礼な名前をつけられても尚この日本での人気ぶり。笑 でも、良かったね♪(^_^) テルマエ・ロマエ第1巻の記事はこちら。 ←第3巻も乞うご期待!なワケですね。 毎回、アカデミックな表紙のギャグもイイ感じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ケータイ書籍】イン・ザ・プール(★★★★☆)

何かに似てると思ったら、藤子不二夫のアニメ 「 笑ゥせぇるすまん 」 の喪黒福造ですね。あの「ドーーーン!お~ほっほっほ♪」ってやつ。体型まで似てるらしいです。喪黒福造を悪魔としたら、伊良部医師は天使と言えなくもない。どちらも好き放題してるだけだけど。笑 笑ゥせぇるすまん (1) (中公文庫―コミック版)中央公論新社 藤子 不二雄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【小説】エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件(?????)…やっぱり生本はいいねぇ♪

こっ、このそそる表紙は!歴史ミステリーの古典的名作ですとぉ? 猛暑でひきこもりになり、 すっかりケータイ書籍に慣れてしまっていたけれど、 古本屋さんに行くと、やっぱり発見がありますね。 本屋さんにはもう置いてない本がある。 それに、レコードジャケットと同じで、 本の表紙は作品の一部ですよね。 ま、キレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ケータイ書籍】ゼロの焦点(★★★☆☆)

原作を読んで、先の映画版でのキャスティングはピッタリだったんだなぁ~と納得しました。でも、どんなに有名な作品でも、時代が合わなくて共感できなくなっちゃうこともあるんですね。なんでぇ~って感じで。(^_^;) 終戦後のあの時代では、 そんな理由が犯罪に続がったのかも知れない。 でも、今の時代では、 いいじゃん別にそんなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ケータイ書籍】ルパンの消息(★★★★☆)…ケータイ書籍 Part 3

テレビドラマ化もされた小説 「 臨場 」 の作家の、まぼろしの傑作デビュー作なのだそうです。なるほど徹夜の一気読みなんですけど、暗いんですよねぇ…夢や希望がなくて…でも、ま、三億円事件をからめてあったり、新人時代の目立とう精神や勢いが感じられる作品です。 ケータイ書籍Part 2 はこちら。 縁起悪いので、もうケータイから削除し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【夏だ!稲川淳二だ!】この心霊体験がスゴイ!!…ケータイ書籍 Part2

【携帯より】この人のお話しは心霊体験だから。怪談話やホラーじゃないんですよね…(^_^;) ケータイ書籍第1弾はこちら。 いつだったかDVDの方を見てたら、 連続犯の宮崎勤がからんだ話しがありました。 話しの本筋があって、そこに別件がからんで、 両方の相乗効果で更にリアリティが出て、 とても作り話しとは思えな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【読書】初!ケータイ書籍購入♪

【携帯より】器用で触感が発達した私の手。そのせいか、手で触った感触を捨てられません。読書もその1つで、紙に印刷した本の魅力は捨て難く…でも、猛暑で外出したくない今日、ついにケータイ書籍を買ってみました。 角川ホラーブックス 「 生き屏風 」田辺青蛙 著 情緒ゆたかな時代小説は大スキです。 期待満々、今夜は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【写真絵本】動物園 もっと!ほんとのおおきさ

【携帯より】お気に入りの写真絵本です。「もっと!」がついてバージョンアップしてたので、ついにゲット♪(^_^)v そこで、さっそく、しんのすけと並べて写真撮影。 あーこれこれ、モデルさんは動いちゃいけません。笑 【2009/01/0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【池波正太郎】仕掛人・藤枝梅安

【携帯より】この作家には一度ドップリつかってみたかったんです♪闇のヒーローが主人公と言うのも私好み。料理の描写も魚好きにはヨダレものです。最終7巻は未完の長編だから残念だけど… 仕掛人 藤枝梅安(壱) [DVD]キングレコード 2005-04-06 Amazonアソシエイト by 【2009/01/01現在 コ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【小説】テンプル騎士団の古文書(★★★★★)…よくぞ言ってくれました!スッキリした!!

すばらしい!非常に論理的ですね。文化的な現代人としてコレに反論できるものならしてみろ!って感じです。でも、コレを理解するには教育が必要ですね。まるで奴隷のような貧富の差があるのに、それじゃムリだ… 前回の記事はこちら。 聖戦をかかげるアルカイダのようなテロは、貧しい地域で深行しているんですよね。 ↓ガンバッている人たちもい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】テンプル騎士団の古文書

【携帯より】ここ広尾は外国人の多い街。店の品揃えも個性的で本屋も然り。見つけたのは大好物のジャンル♪アメリカでドラマ化されたって。期待して良いやら悪いやら、とりあえず期待。苦笑 【2009/01/01現在 コメントは、ほぼ投稿同日に、管理人が確認してから公開されます。】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マンガ】金色のガッシュ(★★★☆☆)

クリちゃんとシロの本を読んでたら思い出したので、前から気になってたし、ブックオフの割引券あったし、買ってみました。ガッシュ・ベル(主人公)、いい子で、元気いっぱいで、やっぱりかわいいねぇ♪(*^_^*) マンガ家としては、絵はヘタだし、 連続したストーリー性のある作品よりは、ギャグマンガに向いてそうな感じです。 そこんトコがち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】妖怪アパートの幽雅な日常(★★★☆☆)…クリちゃんとシロの成仏を祈る

親子の愛情や友情など、この作品ならではの味はあるけれど、高橋留美子をはじめ、過去のヒット作品の数々を思いださせてくれる作品でもあります。でも、クリちゃんとシロの存在はこの作品ならでは…成仏してね。(-||-) 犬夜叉 + めぞん一刻 + 金色のガッシュ = 妖怪アパートの幽雅な日常、って感じですね。(^_^;) 犬夜叉 (1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】ダレン・シャン 奇妙なサーカス(★☆☆☆☆)

【携帯より】古本は苦手。元の持ち主が不潔な人だと困る。でもBookOffのタダ券あったし、古本でもコレはしおりのヒモがこんなに綺麗♪映画化で話題のダレン・シャン、期待してるよ~♪(^_^) PS.読み終わりましたけど、ま、児童小説ですもんね。(^_^;)    ありきたりだし、先よめるし、キャラクターの魅力ないし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マンガ】テルマエ・ロマエ(★★★★☆)…平たい顔族?怒!

主人公ルシウス。この男、テルマエ(銭湯)のお湯にもぐるとタイムスリップするという特技の持ち主です。笑 そして、いまのところ、タイムスリップする先は、日本のお風呂なんです。いつも気絶することで戻ってきます。 ルシウスいわく、平たい顔族(日本人のことです。怒!)は、快楽の追求に貪欲なのだとか。 日本人は、ローマ人すら持たない、ビック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【DVD】風の馬(★★★★★)…テレビドラマ風のドキュメンタリー

日本の神風特攻隊、中国の文化大革命、狂気としか考えたくない過去。一種のヒステリー状態下にあったからだと思いたい。でも、巨大すぎる大国の中国には、その足元は見えないのか。まだ狂気を続けるのか。 圧政下にあるチベット。宗教や信仰の自由もゆるされない。独裁の特徴ですね。 ある日、ある尼僧が、糸が切れたように町中で大声をあげます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】二人のガスコン(★★☆☆☆)…ガスコン、ガスコンって、うるさい

最初から出鼻をくじかれちゃって。あのシラノ・ド・ベルジュラックと三銃士のシャルル・ダルタニャンが主人公なのに、ぜんぜんカッコ良くない!…そう、カッコイイだけじゃない人生を描いてるんですね、なるほど~でもねぇ… マイ佐藤賢一フェア(笑)はこちら。 佐藤賢一の小説 「 傭兵ピエール 」 の記事はこちら。 佐藤賢一の小説 「 カルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】カルチェ・ラタン(★★★☆☆)…佐藤賢一版 「 シャーロック・ホームズ 」

マイ佐藤賢一フェア(笑)の今回は、ちょっと毛色がちがいます。フランス・パリの学寮区(カルチェ・ラタン)で神学を学ぶ学生たちを巻き込んで事件発生!そして、シャーロック・ホームズとワトソン君の登場です♪笑 マイ佐藤賢一フェアはこちら。 あの、ピエールの子孫が美貌の神学生ミシェル(シャーロック・ホームズ)なんです♪ しかも、フラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【小説】出世花(★★★☆☆)…泣きたい人はコレ!

人情江戸時代小説で、あの山本一力とおなじジャンルですけど、ちょっと浅いかなぁ。墓寺で、現代でいう葬儀屋をしている娘が主人公。同心や岡っ引きと同じで事件が集まってくるから、ネタには困らないですね。 主人公の↓お縁。生と死を見つめて生きる、可憐な少女。 山本一力作品とちがって、歯切れ良い江戸弁はたのしめませんが、 墓寺、葬儀、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【小説】傭兵ピエール(★★★★☆)…フランス全土を駆け回る恋愛冒険活劇!

佐藤賢一にしては、娯楽性の高い作品になってますけど、まちがいなく佐藤賢一ワールドです。佐藤賢一の他の小説の主人公の名前が出てきたり、この時代を多方面から楽しめます♪(^_^) マイ佐藤賢一フェア(笑)はこちら。 佐藤賢一原作の↓マンガにもなってるんですね。 こんな少年少女マンガタッチにしないで、大人の劇画タッチにして欲しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【作家、佐藤賢一】こんな作品書いてたのねぇー♪\(*^o^*)/感謝・感激・雨あられ♪

佐藤賢一といえばフランス。フランスといえばオシャレなイメージを語る人が多いけど、私の場合、日本とフランスにとても近いものを感じています。良くいえば、個性的で、濃く凝縮して昇華された、良質な感じ、がスキかな。 もっと私の求める作品はないものか…最近、書店を歩きまわる距離も長かった。 でも、私には佐藤賢一があったじゃない!って、思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ドキュメンタリー】黒のトリビア(★★★★☆)…あなたが殺される確立は?

犯罪白書や警察白書の統計データをトリビア的に抜粋したドキュメント。事件編、警察編、鑑識編、刑罰編と分かれていますが、やっぱり事件編に注目です。昔も、今も、とんでもない事件が起きてるんですね。 とんでもない事件でも、ここに書かれているのは、犯人がつかまった事件ばかり。 この本によると、日本では、 年間358万1521件の犯罪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【小説】悪意の森(★☆☆☆☆)…あ~長かった…

犯人さがしが全然進まなくってね。上下巻もあるのかと思うとゲッソリしました。でも、最後にはスッキリ謎が解決すると思いきや、解決しないのかよっ!あ~つかれた…(-_-;) 題名もただ思わせぶりなだけ。 主人公は、子供時代の仲良しグループ失踪事件のたった1人の生還者で、記憶をなくし、 警察官となって手がけた新事件は、その失踪事件と関わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ドキュメンタリー】精神科ER 緊急救命室(★★☆☆☆)

ドキュメンタリーなので、事実は小説より奇なり…なんて出来事を期待できないですが、そこが過去の医療系注目作に並べないポイントかなぁ。視点のちがいか、経験の差か、出版に及ばすかも。 妻を帽子とまちがえた男 (サックス・コレクション)晶文社 オリバー サックス Amazonアソシエイト by 死体は語る (文春文庫)文藝春秋 上野 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】夜叉桜(★★★★★)…「 退屈じゃねえか 」

前作 「 弥勒の月 」 を登場編とすると、さて、いよいよ、同心の 「 退屈じゃねえか 」 という言葉に応えるように次の事件が発生します。今後、あの3人がどう活躍していくのか、シリーズ化の基本路線確定版ですね。 前作の記事はこちら。 江戸時代を描いているのに、あれ?現代とぜんぜん変わらないじゃん。 やっぱり、人間をとりまく生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】弥勒の月(★★★★★)…「 人ってのは、おもしれえ 」

映画化された小説 「 バッテリー 」。著者はこの時代劇小説とおなじです。こんなにジャンルのちがうものを、しかも、こんなにノンストップで読み進めるものを書けるなんて、一発屋でないプロの物書きを感じます。 バッテリー [DVD]角川エンタテインメント 2008-10-24 Amazonアソシエイト by バッテリー (角川文庫)角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】弁護側の証人(★★☆☆☆)

なんたって古いっ!笑 昭和の香りプンプンです。昔の角川映画を見ているような、そんな懐かしさがあります。小説というよりも、テレビドラマの脚本を読んでるって感じで、シーンが目に浮かんできます。以下ネタバレ有。 Wの悲劇の場合、「 私!おじいさまを殺してしまった!!」 …な、↓ワケですが、Wの悲劇 [DVD]パイオニアLDC 2001-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】東京異聞(★★★★☆)

あ~日本人の作家だな~って、ヒタ、ヒタ、ヒタ…と迫り来る、怖いのに惹かれてしまう、逃げたいのに逃げたくない、イイ味だしてます。京極夏彦から理屈っぽさをなくした感じですね。なのでマンネリ注意!?笑 鬢付け油や白粉の香り、衣擦れの動き、闇に続く気になる音、 そんな情景が自然と浮かんでくる描写が美味な作品です。東亰異聞 (新潮文庫)新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more